キャンセル料について

貸会議室の利用方法

MENU

キャンセル料について

人気のある貸会議室の会場は早めに埋まってしまう可能性があるため、
できるだけ早く予約を取るように努めます。

 

しかしながらまだ最終決定ではないけれど、会場だけでも押さえておかないと
後で予約をすることになったときに部屋が空いていないようでは困ります。

 

そこで仮予約を受けてくれる会場がほとんどです。
この仮予約は期間が定められており、
その期間内に使用料金の一部、もしくは全額を支払うことで
予約が正式に確定するシステムになっています。

 

仮予約の期間内であれば基本的にキャンセル料がかかることはありませんので、
早めに決断するようにしましょう。

 

仮予約から本予約が確定した時点で、
キャンセル料の発生対象になってしまうケースがほとんどです。

 

本予約をするときは、必ずキャンセル料の規定についても
きちんと目を通しておくことをおすすめします。

 

会社で予約をするときは、会社の担当者に必ずキャンセル料が発生することや、
詳しい料金について説明をして了承を得た上で予約をとるようにしましょう。

 

キャンセル料についてはトラブルの原因となってしまうことが多くあります。
今後またその会議室を利用する可能性もありますので、トラブルは避けたいところです。

 

キャンセル料について事前に確認し理解を深めておくことで
トラブルを回避できるようになります。

 

一般的にキャンセル料は利用日に近くなればなるほどに高くなっていきます。
もしも事情によりキャンセルせざるをえなくなってしまったときは、
早めにそのことを運営会社に伝えるようにしましょう。